臭いの原因をつきとめろ!

体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が見られないのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿などによって短時間で増減する時、体重が増えたら体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った人は体脂肪率が上昇することがわかっています。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、狭心症等々色んな健康障害の合併症をもたらす恐れがあることをご存知でしょうか。

毎日の規則正しい、穏やかな日常生活の維持、腹八分目の実行、適度な軽い運動や体操など、古典的とも言える自分の身体への考え方が老化対策にも関わっているのです。

筋緊張性頭痛というのはPC使用などによる肩こり、首の凝りが要因の最も多いタイプの頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強い痛み」「ズドーンと重苦しいような酷い痛み」と言われることが多いようです。

素材がグラスファイバーのギプスは、大変丈夫で軽量で長期間使うことができ、濡らしてもふやけずに使用できるという長所があり、現在採用されているギプスの中では第一選択肢と言われています。

30歳代で更年期が訪れたとすれば、医学的な言葉で表現するとPOFという女性疾患のことを指します(我が国では40才未満の女の人が閉経してしまう症状をPOFと呼んでいるのです)。

クシャミ、鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・異物が入っているような感覚などの花粉症の辛い症状は、アレルギー源である花粉の飛ぶ量に追従したかのように深刻になってしまうという性質があるのです。

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて喫煙する事・お酒を飲むこと・脂肪過多などの生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどに縁って、殊に日本人に増加しているという疾患です。

年々患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、不眠、憂うつ感、なかなか抜けない疲労感、食欲の低下、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が現れ、2週間以上続きます。

ダイエットしたいがために1日の総カロリーを控える、あまり食べない、そのような暮らし方が結果的に栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を誘引していることは、色んな媒体で危惧されているのです。

必要な栄養素を網羅した食生活や体を動かすことはもちろん、心身の健康や美容を目的とし、食事の補助として色々なサプリメントを飲用する事がまったくおかしくなくなっているそうです。

めまいが現れず、強い耳鳴りと難聴の症状のみを何回も発症するタイプのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という事例があるということはあまり知られていません。

自転車の転倒事故や建築現場での転落事故など、かなり大きな力がかかった場合は、複数の位置に骨折が生じたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、酷い時は臓器が負傷することもあるのです。

日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収されるのを促進する特長が知られており、血液の中のカルシウム濃度を調節し、筋繊維の活動を適切に操作したり、骨を生成します。

ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性であるビタミンCや脂溶性のビタミンEなどとは性質が違い、細胞間の水溶性の部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化しにくくする効果があるのです。